劣化したHDDの交換修理や記録容量アップ

相生市双葉2-8-10-1F 電話0791-24-2819 日曜日定休 9:30~18:30 日曜営業時は13:00~16:00

HDDが劣化するとどうなる?

HDDが劣化すると、読み・書きのスピードが遅くなります。突然に遅くなることもあれば、じわりじわりと遅くなり半年ほどでクラッシュ(つまり読めなくなること)してしまう場合もあります。

これは、使用環境だけでなく内蔵されているHDDのメーカー・型番によっても特性があります。劣化も初期であれば、100%のデータを、そのままの環境で移行できる場合が多いです。あまり電源を入れない段階でお持ちになることをおススメします。ネット上にあるフリーのソフトや数千円の格安ソフトの中にはHDDにとどめをさしてしまうものも多くあります。あまりおススメできません。

劣化したハードディスクの写真
内蔵HDDの劣化はスピードダウンの大きな原因となります。大切なデータを失わないためにも劣化の兆候が現れたら早めの交換をおススメします。

容量の大きなHDDへ交換

動画ファイルや一部のゲームソフト、画像処理ソフト、動画編集ソフトなどを使用している場合は1TB程度のHDDでも容量不足になる場合があります。ハードディスクの残容量が3~5%になると、OSやアプリケーションのアップデートが入る場所すら無くなることもあります。この場合、PCの動作が不安定になったり、エラーが頻発したりします。不用なデータを削除したり、使わなくなったアプリケーションをアンインストールしたりして容量を空ける方法もありますが、抜本的な解決方法として、より大きな容量のHDDへの交換も可能です。ほとんどの場合は、データや設定類もそのままで移行できますのでお早めにお持込み下さい。

ハードディスクの記憶面フラッターの写真
大量の動画データが入るなどの場合は、1TBのHDDでも容量が足りなくなる場合があります。空き容量が気になるようであれば2TB、3TBのディスクへの換装も出来ます。

HDD内部のパーティション変更も

HDD内部がCドライブとDドライブなどにわかれている場合があります。「Cドライブがいっぱいなのに、Dドライブは全く使用していない」この区分けは論理パーティションといって1枚のディスクの中を仕切っているものです。その仕切り目を変更して、Dドライブの空き容量をCドライブに使用するように変更することで、容量不足が解消する場合もあります。但し、この作業は全データを消去してしまうリスクもある作業。大切なデータがある場合はプロへご依頼されることをおススメします。当店では、完全にディスクバックアップをとってから作業を行いますので安心してご依頼下さい。

容量・フォーマット形式ごとのハードディスク写真
ハードディスクのパーティション変更は一旦、部品を取出して元のディスクの完全コピーを作成してからパーティション変更を行います。手間は3倍かかりますが大切なデータをリスクにさらすことなく作業できるので安心です。